私たちは地球環境の改善に真剣に取り組んでいます。

検証データ[牛]

使用方法

  1. 牛への与え方
    配合飼料や粗飼料などにバイオピクシー添加して使用して下さい。
    添加量:配合飼料などに20~30g/日
    肥育牛への投与は飼育期間(0~12ヶ月)と仕上げ期間(23~30ヶ月)のみ投与
    離乳~12ヶ月:2~5g/日・頭 飼料に混合
    12ヶ月~:5g以上/日・頭 飼料に混合
  2. 飼育場での使用
    200リットルの水にバイオピクシーを100gを投入し撹拌します。
    撹拌後、希釈液を約10分そのまま保管します。
    希釈液をポンプ、ジョウロなどを使用して50~100の範囲に散布します。
    この作業を37日毎に繰り返し、匂いが治まったら散布の間隔を伸ばします。

検証データ

実験項目

1農場/50頭の乳牛を隣接する3つの牛舎で1郡の50頭にはバイオピクシーを30g/日を通常の飼料に添加し与え、他の2郡、各50頭には通常の飼料を与え、乳質の検証をした。

結果

バイオピクシーの添加飼料を与えた郡では約2周間経過後より体細胞数が下がりはじめ、対象区Aの体細胞数減少率比較では31%減であり、対象区Bでは体細胞数23%減との結果であった。

TEL 0984-25-3255 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社バイオテクノ産業 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.